斉藤勇輔(齋藤畜産)のプロフィール

日本の中で最も四季の変化に富んでいるとされる山形県。その夏の暑さ、冬の寒さという変化の大きい自然環境や豊かな自然が生んだ自然水などの環境の良さから、山形県は良質なブランド牛の産地としても知られています。夏冬に加え、昼夜の寒暖差も大きい山形県の風土は牛たちの発育を遅くし。ゆっくりと時間をかけて伸び伸びと育った牛たちは、きめが細かく適度なサシ、下にのせたときの柔らかさ、濃厚でまろやかな味わいの赤身を持った肉質になるのです。その中でも「幻の山形牛」と呼ばれている者が千日和牛。通常の肉牛が900日程度で出荷されるのにもかかわらず、文字通り1000日以上の長い期間をかけて飼育されています。この長期間の飼育により肉が熟成され旨味が増し、千日和牛の特徴である脂とサシの上質なバランスが生まれます。とけるような脂の甘さはまさに1000日間の月日の結晶ともいえるでしょう。

千日和牛

斉藤勇輔(齋藤畜産)

斉藤勇輔(齋藤畜産)の商品一覧

おまかせステーキ

「幻の山形牛」と呼ばれている千日和牛を使...